ヒューマンエラー対策

ヒューマンエラーが起きないようにするヒューマンエラー対策には、ヒューマンエラーが起きないようなやり方や仕組みを構築する方法や、人の認知特性を考慮してヒューマンエラーが起きにくい方法に変えること、ヒューマンエラーを事前に予見、あるいは検出する方法など、様々なものがあります。
 

ここでは、代表的なヒューマンエラー対策を紹介します。


変化点管理

ヒューマンエラーの多くが、人の交代や設備の変更など、変化点で発生します。
そこで、ヒューマンエラーを早期に発見し、流出を防止する変化点管理について述べました。


ページ上部へ▲

メニュー