本文へスキップ

ものづくりの不良削減を目的に、ヒューマンエラーの原因と対策、事例を紹介したサイトです

ホーム > セミナー

ヒューマンエラー防止に関するセミナー

「○○工業さん、今日納入のロット全部だめです。至急選別に来てください。」

○○工業は大手企業に部品を製造する下請け企業、まじめな社員、出荷検査もやっている、
品質には自信をもっているはずなのに…。
久しぶりに発生した不良、原因は作業者のミスだった。

「今日届いた見積もりですが、品名が違っています。」

封筒に入れる前に確認したはず、どうして違っていたのだろうか。

高い品質が世界中から評価されている日本製品、それを支える下請け企業の部品製造。 品質管理に十分に注意を払っていて、品質には自信を持っています。
そのはずなのに、まれに発生してしまう作業者のミス、つまりヒューマンエラー。
このヒューマンエラー、時には大きな損害を会社に与え、さらに顧客の信頼をも損なってしまいます

なぜミス、つまりヒューマンエラーはなくならないのでしょうか?

実は人間であるが故に、ヒューマンエラーは起きます。
このヒューマンエラー、人間の認知・判断・行動の特性から、一定の法則に基づいて発生します。
ということは人間の特性を理解し、ヒューマンエラーの起きにくいやり方にすれば、減らすことができるかも…。

初めまして、私は中小製造業、下請け企業の新規顧客開拓を支援しているコンサルタントの照井清一と申します。
私はかつて28年間、企業で開発や品質保証を担当してきました。そこで起きていたのは、ヒューマンエラーが原因の不良や設計ミスによる後戻りでした。
…「品証の照井さんですか、すぐ現場に来てください。」 現場に呼び出されて見たものは、高い品質で信頼していた
○○社の不良。すぐに○○社に行き、原因を聞き対策を行ってもらう。ところが1か月後…。
別の原因で不良が発生。

当時ヒューマンエラー対策は、あちらを叩けば、こちらが出てくるという、さながら「もぐらたたき」のようでした。

不良対策はもぐらたたき


大企業は、ミスの起きない仕組み、通称「ポカヨケ」が構築され、不良をつくらない、出さないようになっています。
ところが中小企業、特に明日つくるものさえ分からないような多品種少量生産では、ポカヨケの構築は困難を極めます。そしてコンサルタントとして中小企業の現場の改善を指導するようになった今も、悩まされるのはやはり、ヒューマンエラーによる不良でした。

ヒューマンエラーを何とかしたい!!!

ところがヒューマンエラーに関する書籍を調べても「これだという答え」がわかりません。
認知心理学やミスに関する専門家は、「どういうときにミスをするのか」、その原因について詳しく述べています。
でも「どうしたらなくすことができるか」については、調べてもわかりませんでした。

ものづくりの専門家、製造業のコンサルタントの方もヒューマンエラーの本を書かれています。でも、対策の多くがポカヨケだったり、過去に起きた不良の対策でした。
そのため「まだ起きたことがない不良」を防ぐ方法は見つかりませんでした。

「もぐらたたき」をどうしたらなくすことができるのか。

しかし、多くの書籍と過去の経験と照らし合わせたら、ヒントが見つかりました。

「ミスは一定の法則に基づいている、それが起きないようなやり方にすれば…」

そうやってまとめたものを、サイトhumanerror.jpに公開しました。
その結果、多くの方に利用していただき月間PVは15,000を超えました。そして、ヒューマンエラーを防止するセミナーの要望をたくさんいただきました。

そこでこの度ヒューマンエラー対策のセミナーを行うことにしました。

話を聞くだけでなく、ワークをやって実際にヒューマンエラーを体験していただくセミナーです。

ヒューマンエラー防止セミナー

セミナーでの体験をヒントに ヒューマンエラーが起きないやり方を自社で考えていただければ思います。

また中小企業の機械加工現場に詳しい村上氏に、実際の現場でのヒューマンエラー対策について話していただきます。 
なお定員が40名と限られていますので、ご関心のある方はお早めに申し込みをお勧めします。


内容
  1. ヒューマンエラーの種類、発生する問題
  2. 人間の認知・判断・行動の特性と、誤った認知・判断・行動によるヒューマンエラー 短期記憶、見落とし、感覚と行為のずれ
  3. 中小モノづくり企業におけるヒューマンエラーの事例と対策の紹介 セミナーの最後には他の受講者とワークの体験や感想を共有する交流会もあります。(軽食と飲み物付き)

日時: 3月22日(土) 14時30分〜18時
(セミナー14時30分〜17時、交流タイム17時〜18時)
場所:名古屋駅前 ウィンクあいち1008会議室
定員:40名 (定員が少ないため、早めの申し込みをお勧めします。)
会費:3,500円 交流会費を含む

株式会社アイリンク
ウィンクあいち(愛知県産業労働センター)
名駅徒歩5分 
名古屋市中村区名駅4−4−38


株式会社アイリンク 講師 : 株式会社アイリンク 照井清一
産業機械メーカーにて設計、生産技術に28年間従事し、中小企業との新規取引や共同開発を行なう。平成22年独立し、製造業を中心とした経営支援を行うとともに、支援機関のコーディネーターとして、地域中小企業の技術・経営相談と産学連携の推進に従事。資格  中小企業診断士
著書 ヒューマンエラー対策事例集 技術情報協会(共著)


株式会社アイリンク 講師 : 村上英樹
家業の溶接製缶業からモノづくりをスタート。金型メーカーなどでCAD/CAM・機械オペレーター、管理業務に23年間従事し、多品種生産や販路開拓で起こる現場の課題解決に取り組む。中小企業診断士資格を取得後は金型・部品加工業専門の経営コンサルタントとして昨年独立。支援機関のコーディネーターとして技術相談にも従事している。

主催 : 株式会社アイリンク 代表取締役 照井清一
〒444-0202 愛知県岡崎市宮地町馬場17-1
Tel 0564-55-5661 Fax 0564-52-5364
URL : http://www.ilink-corp.co.jp
Email : terui@ilink-corp.co.jp

お申込み

下記のお申し込みフォームより、お名前、電話番号、メールアドレスをご記入の上お申込み願います。

お申し込みフォーム
■お名前 ※必須
■電話番号(半角)
■Mail(半角) ※必須
■備考


 

当サイトへのリンクは自由です。(サイト管理者 株式会社アイリンク)

contact1.htmlへのリンク